1.はじめに(1)(2018/07/24)

◆キャンプは楽しい遊びである
キャンプを趣味として楽しんでいる世のお父さん、お母さん。皆さんわかっていることと思うが、あえて私から申しあげたいことがある。キャンプの本質を三段論法的にいうなら、大前提が「キャンプは遊びだ」で、小前提は「遊びは楽しいから行う行為だ」、結論は「ゆえに、キャンプは楽しい」となる。

そう、キャンプで重要視されなければならないのは「楽しい」「みんなで楽しむ」ということである。この「楽しい」という言葉を前後、左右、上下と、あらゆる角度から分析し、それをキャンプという行動、行為に当てはめてみると、当たり前のことだが、「楽しい」と感じる行為、スタイルは人によってそれぞれ異なることがわかる。

となると、楽しさを優先するキャンプには「こうあるべきだ」「こうしなければならない」「これが正統派のやり方」「そんなことは邪道だ」、などということは何もない。一番大切なことは、行為を行う人が「楽しい」と感じることだ。それは他人の言動や行動、装備は気にせず、唯我独尊、わが道を行く、ゴーイング・マイ・ウェイと、ひたすら自分と自分の家族や仲間の「楽しさ」を追求し、楽しい時間をできるだけ長く共有しあうこと。これこそがキャンプの本質だ。

自分たちのスタイルを確立し、大自然の懐に包まれて行うオートキャンプやアウトドア・スポーツを、大いに楽しんでいただきたい。ただし、人様にご迷惑をおかけしない、という範囲内で行うことが大前提として存在することは、良識ある皆さんには申しあげるまでもない。

←前へ ↑一覧へ

カーラインアップ