2.はじめに(2)(2018/07/26)

◆アウトドアでは男がホスト。女と子供はゲスト。と心得るべし(1)

キャンプに出かける第一歩は、道具類の積み込み、食材や消耗品の買い出しから始まる。キャンプ場に着いたら積み込んだ荷物を降ろし、タープやテントを立て、椅子、テーブル、クーラー、水用タンクをセットし、ランタンやストーブの点火準備から食事の支度まで、かなり忙しい。おまけにちょっとした専門的な知識も必要で、力仕事も多い。これを奥様や子供にさせたのでは男がすたる。サラリーマン家庭の多くは、子供が父親の働く姿を目にすることは皆無に等しい。家族そろって出かけるキャンプは、父親のたくましく、りりしい姿を見せつける絶好のチャンスである。大げさな言い方になるが、最近はとかく失いがちな父権を回復するよき場にもなるのだ。かといって、すべてをひとりでやらなければならないというわけではなく、同行したゲストからのお手伝いの申し入れがあった場合は、これを拒否するものではない。

すでにキャンプを楽しんでいる人たちには、それぞれの家庭のスタイルが確立し、それなりの方法で楽しんでいるだろう。問題なのは、子供にせがまれたり、奥様自身が自然大好きでぜひキャンプに行ってみたいが、「家にいるときは上げ膳据え膳で箸より重いものは持たない」「洋服の着替えから、靴下を履いたり脱いだりも奥様まかせ」「日々かいがいしく世話しなければ何事も前に進まない」という夫をもち、「家の中だからお世話もできるが、不自由なキャンプ場にまで行って、家にいるときと同じことをしなければならないなんて、とんでもない。願い下げです」と嘆きあきらめているお母さん、あきらめるのはまだ早い。そんな奥様に亭主をキャンプに連れ出す方法を教えよう。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

カーラインアップ