9.いつも食材を買いすぎて、余ってしまいます(2018/08/03)

◆準備不足のときにありがちなことだ。事前に綿密な計画を立てて出かけるべし
やってはいけないことが、空腹状態での買い出しだ。人間だれでも腹の減ったときは、見るものすべてが食べたくなる。それのみならず、それひと品で空腹を満たそうとするから、ひと品ひと品の量が多くなリがちだ。それを料理したら、1日3食同じ料理で過ごさなければならなくなる。そこで、効率よく買い物ができ、家族全員が楽しい時間を過ごせる方法を伝授しよう。

大切なことは、無計画なキャンプには行かないことだ。まず、キャンプの予定を立てたら行動日程表を作る。次に、必要な食事の回数を計算し、各回の食事メニューを作る。メニューに沿ってひと品ずつ人数分に必要な食材を当てはめる。これを集計し、自宅から持ち込むものを差し引けば買い物リストができる。

この買い物リストを持って買い物に行けば、たとえ腹の皮が背中に張り付くような空腹時であっても、無駄な買い物はしなくてすむ。おまけに、メニューができれば、それを調理するのに必要な調理器具の種類もわかるので、余分な荷物を持たなくてもすむし、費用の節約にもなる。まさに一石二鳥である。

このメニュー作り、買い物リスト作りを面倒と思わないこと。この作業から今回のキャンプは始まっているのだ。自宅の居間に家族全員が集まってみんなの意見を入れながら作れば、この作業も立派な「楽しみ」のひとつになる。全員で作ったメニューであれば、目的地に着く前に料理を作る役割も決まる。

しょせんキャンプは遊びなのだから、「楽しむこと」を最優先させることだ。このような作業をみんなで行うことで、出発剛から家族全員が楽しめ、キャンプに対する期待も膨らむこと請け合いだ。

<一口アドバイス>
・食事メニューリスト
目的地に到着して帰途につくまでの、キャンプ場で料理する食事メニューを作る。無駄を最小限に抑えるため、材料の一品一品まで詳しくリストアップする。

・買い物リスト
作った食事のメニューから、家から持参する調味料などを差し引いて買い物リストを作成する。これをもとに買い物をすれば無駄は減る。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

カーラインアップ